コストコで購入した幼児用自転車のバランスバイクを使ってみました

9eeb6091988ec72549755320c15d773b_m

私の子供時代にはなかった「バランスバイク」というペダルなしの幼児用自転車が、少し前から人気があるようで、妻が子供に乗せてあげたいとのことをきっかけに購入してみました。

私が購入したバランスバイクは、

「chicco Red-Bullet バランストレーニングバイク」と言うもので、コストコで 3,928円 でした。

コストコ

完成品はこんな感じです。

IMG_5149

私も子供が出来ることはなんでも早いうちからやらせて、色々刺激を与えてあげたいと考えているので賛成でした。

バランスバイクの効果について

バランスバイクは何が良いのかという疑問があったので、その効果について私なりに調べてみました。

バランスバイクの製造者が述べているバランスバイクの効果については、

自転車のハンドル操作とバランス感覚を2歳ぐらいの小さい時から学習することが出来る為、自転車に必要な学習をより速く学ぶことが出来るとのこと。

そして、その後にペダル操作を学ぶことで、自転車に早く乗れるようになるとのこと。

私の時代には、その変わりに自転車は補助輪付きで自転車になれるようにしていましたが、

製造者の話では補助輪付きではハンドル操作を誤った方向に向けた場合でも倒れることがないので、実際の自転車のハンドル操作の感覚とは違う悪い癖をつけてしまうとのことです。

自転車に乗れるようになるためには

バランスバイクは、最終的には自転車に乗れるようになる為のものとして使用していると思います。

では、自転車に乗れるようになるためにはどうすればよいかについては、私が思うところ以下の3つのステップが必要かと思います。

①二輪車に乗って進むバランス
②ハンドル操作のバランス
③ペダルを漕いだ時のバランス

バランスバイクでは①、②を学習することが出来るので、自転車に乗る前に既に半分以上を学んでいることになります。

逆に補助輪付き自転車では、補助輪によって倒れないように固定されており、①~③の全てのバランス感覚が自転車とは違ってくるため、乗れるようになることが難しくなるのも分かる気がします。

確かに私が子供の時には、補助輪付き自転車に乗ってから補助輪を外すという順番で乗ったのですが、

補助輪付きの時とは大分勝手が違ったため、何度もこけたり、壁にぶつかりながら何とか乗れるようになった経験がありました。

自転車に乗れない子を乗れるようにするテレビの企画がやっているのをたまに見るのですが、

自転車に乗れずに苦労して、乗ることが嫌になってしまう子もいるようです。

やはり我が子にはなるべく楽しみながら自転車に乗れるようにしてあげたいと思います。

実際にバランスバイクに乗ってみた

我が家の3歳の娘に初めてバランスバイクを載せてみましたが、さっそく1回目から楽しんで乗れることが出来ました。

バランス

初めのうちはハンドル操作が難しかったようで、私が代わりに操作をしながら押してあげてましたが、

だんたん感覚を覚えてきたようで、自分の足でちょこちょこと進みながらハンドル操作も出来るようになってきました。

最近は公園には必ず持っていくほど気に入っているようなので、購入してよかったです。

コメントを残す

このページの先頭へ