子供が英語をペラペラに話せるようになる方法

4f07235f1fbc09079d1a232e973dc32b_s

あなたは「子供には英語を苦労せずに話せるようになって欲しい」と思いませんか?
正しい学習方法が分かれば、楽しく話せるようになることが出来ます。

普通に街を歩いていると外国人が当たり前にいるこのグローバル社会の時代、
親としては我が子には英語を話せるようになってもらいたいと思っていると
思います。

しかし、英語を覚えることに日本人は本当に苦労しています。

なぜなら、日本語と英語は周波数が大きく違い音が聞き取りづらく、
また周りに英語を話す人がいない環境の為です。

赤ちゃんは言葉を覚える天才

赤ちゃんは言葉を覚える天才
と言われています。

両親、特にお母さんの声を聞いて赤ちゃんはその音を覚えて、
母国語である日本語を話すようになっていきます

ワシントン大学のパトリシア・クール教授の研究によって、
0ヶ月から6-8ヶ月の間においては、どんな言語でも聞き取ることが
出来るようになるが、10-12ヶ月を過ぎると難しくなってくるということが
分かりました。

また、第2言語についても6-8ヶ月の間においては、母国語と同じように
聞き分けることが出来るようになるようです。

しかし、これはテレビの動画やCDの音声からでは効果がなく、
直接人が接して聞かせてあげないと効果が得られなかったようです。

言語習得は若い方が効率的

では、10-12ヶ月を過ぎた子供は第2言語である英語を身に付けることは
出来ないかというと全くそんなことはなく、30歳、40歳過ぎてから
勉強して英語を使って活躍している人はたくさん知っています。

しかし、言語習得には臨界期仮説ということが言われており、
以下図のように7歳から音を聞き取る能力がどんどん落ちていっており、
17歳以降は難しくなっていくようです。
私もその気持ちは十分に分かります。

gazou311

言語の習得には若いうちにやっておく方が習得しやすいのは間違いないようです。

両親が日本語と英語のネイティブであれば一番いいのですが、

7歳までにネイティブの先生がいる、インターナショナルスクール、プリスクール、
英会話スクール等で
なるべく長い時間英語に接することがよいです。

コメントを残す

このページの先頭へ